習志野市 レスキュールーム耐震改修 N様邸

20180214nmidasi .jpg

施工名称 レスキュールーム耐震改修工事
施工箇所 1階洋室
工期 3週間
工事金額 380万円
使用商材 耐震シェルターレスキュールーム
担当者 久永 誠

お客様のご要望

東日本大震災により自宅も被害に遭い、地震対策で最低限のリフォームを行いましたが、木造で築45年を超え家の倒壊の不安が残り再度地震対策を検討していた所、ネットで震度7でも耐えるレスキュールームの記事を見て、たまたま市内のキリン住宅さんで取り扱っているのを知り相談、今回の工事の運びとなりました。

施工後の感想

出入りの業者の方はみなさん感じが良く、仕事振りも良く満足しています。
そして何より大震災に対する安心と安全が確保できたことが、満足です。


施工前

20180214nmae05.jpg 20180214nmae02.jpg
20180214nmae03.jpg 20180214nmae04.jpg
IF洋室をシェルタールームに、住みながら部屋の天井・床下まで解体し、シェルターとなる鉄骨を入れていきます。その為の天井・床下の点検様子です。

施工中

20180214nchu04.jpg 変換 ~ DSC03286.jpg 20180214nchu07.jpg
洋室の床下を壊して、レスキュールームの基礎を作ります。 天井も壊して、鉄骨の天井を入れます。 レスキュールームの土台となるCレーンの設置固定
20180214nchu08.jpg 20180214nchu06.jpg 20180214nchu10.jpg
鉄骨の柱を固定します。 壁の鉄骨の状態です。 床の鉄骨の状態です。
20180214nchu09.jpg 20180214nchu11.jpg 20180214nchu12.jpg
天井の鉄骨の状態です。 工事車両が入る為、一時的に通行止めをさせていただきます。 ミキサー車でコンクリートを流しています。
20180214nchu13.jpg 20180214nchu14.jpg 20180214nchu05.jpg
床にコンクリートを流します。 コンクリートで基礎を固めます。 床下地・壁・天井の下地が貼られ、洋室の内装工事が施されます。

施工後

20180214ngo03.jpg 20180214ngo04.jpg
シェルター設置前同様に押入れを作り。 窓枠も同じ位置に、サッシは既存のものが使えます。
20180214ngo02.jpg
部屋の広さは4方10㎝程狭くなります。

まずはこちらからご覧ください
レスキュールームについてはこちら
  • イベント情報
  • ショールーム紹介
  • リフォーム価格表
  • 最新チラシ情報
  • 無料耐震診断
  • LINEでお見積もり
採用情報サイト
外壁塗装のご相談は無料ご相談窓口へ 047-473-6661